おしゃれは足元から!ファッションで自分を輝かせよう

自分のファッションセンスやコーディネートに自信がない人は多いと思います。


雑誌を読んだりおしゃれなお店へ行って、素敵なひとを観察するのはとっても大事なことです。


おしゃれな人全員に共通することがあります。



それは靴にこだわっているということ。


まずは足元から、良質な靴を取り入れてみてください。


それだけで見違えるはずです。


そこから、お洋服を合わせて買っていけば良いのです。


靴について。


靴は我々の生活になくてはならないものです。しかし実際に靴は履いてみなければ、自分に合うのかどうか以前に日本人の平均的な足型にあうのかどうかわかりません。


そして今流行の靴はどんな靴なのかなど、あわせて靴の情報を載せてみました。


かつてはエアジョーダンのバスケットシューズが大流行した時代などありましたね。しかし現在の日本では自分に合ったブランドのチョイスが重要視されています。


 


もちろんお洋服選びに役立つ情報もお届けしています。


 


 あなたがファッションでよりいっそう輝きますように・・・

    服飾専門学校という選択肢

    xf3455072066w三度の飯よりファッションが好き!という人は若い人には多いものです。私自身も食費を削って洋服を買っていたぐらいファッションが大好きなんで。

     

     

    それだけファッションが好きなればこそ、ファッション業界に就職したいと思う人は結構いるものです。でも、どうやってファッション業界に就職していいのか分からない。何を身に付ければなれるのだろう?なんて声も多く聞かれます。

     

     

    ファッション分野の何になりたいかにもよりますが、ファッション系専門学校で自分のなりたいファッション分野の職業を探してみるのもいいでしょう。服飾の専門学校と言えば、そう、モード学園です。なんといっても、モード学園では、ファッションデザイナーをはじめアパレルデザイナーやパタンナー、ブランドプロデューサー、ブライダルコーディネーターなど、実に99の仕事を目指すことができます。

     

     

    また、モード学園での学び方は様々なコースがありますので、休日を利用してステップアップするコースや夜間コース、短期コースなんていうものもあります。モード学園は就職にも強いのがウリの服飾専門学校になりますので、本気でファッション業界に就職したい人にとっては心強い味方になると思いますよ。

    ●特別な「ハレ」の日に 着物レンタル

    gf2440651139x日本には「ハレ」と「ケ」という独特の世界観があるのは聞いたことがあるでしょう。

    これ、よく勘違いされているのが、「晴れ」と「けがれ」として、なにか不吉なことを「ケ」と捉えている人もいるようです。民俗学や文化人類学において「ハレとケ」という場合、ハレ(晴れ、霽れ)は儀礼や祭、年中行事などの「非日常」、ケ(褻)はふだんの生活である「日常」を表しているのです。

    管理人もあまり詳しいことは分かりませんが、ハレの日は着物でという人がいますが、要は「ケ」だからと言って着物を着てはならないわけではありません。強いて言うならば、「ハレ」の日の方が着物を着る機会が多いということはできるでしょうかね。

    そんなハレに着る着物にピッタリな着物レンタルサービスが「晴れの日かしいしょう」です。こちらの着物はレンタル業者の中でも品質が断然いいと評判です。まあ、「ハレ」の日の衣装ですからね。

    レンタルに若干抵抗がある方も多いかもしれませんが、新しく着物を買った場合、専用の箪笥にしまい、湿度を管理し、虫がでないように(これがけっこう大変です)、、などしっかり管理しなければ長年着続けることはできません。慣れている方は良いですが、結局次に着ようとしたら虫にくわれていたり、、ダメにしてしまう人はかなりいらっしゃるようです。

    特別な日にこそ最善の状態で臨みたいものですね。

    ●長くつかえる 和服きもの染め

    和服は、一般の人にとっては、冠婚葬祭の時に晴れ着として着るものであるのが普通です。世の中には、きものが好きだという人が少なくないにも拘わらず、成人式や卒業式にせっかくの振袖を着ても、その後はなかなか着る機会がないものです。そうこうしているうちに年月が経って、振袖を始め若い時代に作ったきものは、年齢に合わなくなってしまうのです。そのため和服はいつの間にか、不経済な衣装であるという間違った認識が定着してしまったのでしょう。

    ところが考えようによっては、和服ほど合理的な衣服はありません。例えばきもの染め替えで、一つのきものは全く別の衣装に早変わりすることができるのです。礼装である色留め袖や無地のきものを染め替えれば、年齢が嵩んでも、その時々に相応しい色を身に着けることができます。もちろん染め替えには多少の費用がかかりますが、新しくきものを誂えるよりは、はるかにリーズナブルに仕上げることができます。それに和服はもともと、洋服ほど年齢制限が激しくありません。また時代や流行に左右されないことは、きものに関心のある人なら誰でも知っていることです。両親や祖父母から受け継いだ和服を、引き継いでいくことは、家族の絆を強め、またきものの伝統を大切に守り育てる行為そのものなのです。

    レンタル着物も随分と一般的になりましたが、やはり日本女性として生まれたからには自分の着物を一枚持っていたいものです。それに一枚持っていれば、例え色があせても染め直しできるので、長く着れて子供の代まで引き継ぐことだってできます。最近では、インターネットを使ってきもの染め職人さんに直接発注できます。例えば、こちらの着物染め職人さんなどのサイトなどはとても親切に染め替えについて解説してくれているので参考になると思います。
    きもの染めの島津屋:http://www.shimazuya.com/




↑ページトップへ戻る