人気シューズ

靴について。

靴は我々の生活になくてはならないものです。しかし実際に靴は履いてみなければ、自分に合うのかどうか以前に日本人の平均的な足型にあうのかどうかわかりません。

そして今流行の靴はどんな靴なのかなど、あわせて靴の情報を載せてみました。

かつてはエアジョーダンのバスケットシューズが大流行した時代などありましたね。しかし現在の日本では自分に合ったブランドのチョイスが重要視されています。

あなたのシューズ・靴探しのお役にたてれば幸いです。

    ●長くつかえる 和服きもの染め

    和服は、一般の人にとっては、冠婚葬祭の時に晴れ着として着るものであるのが普通です。世の中には、きものが好きだという人が少なくないにも拘わらず、成人式や卒業式にせっかくの振袖を着ても、その後はなかなか着る機会がないものです。そうこうしているうちに年月が経って、振袖を始め若い時代に作ったきものは、年齢に合わなくなってしまうのです。そのため和服はいつの間にか、不経済な衣装であるという間違った認識が定着してしまったのでしょう。

    ところが考えようによっては、和服ほど合理的な衣服はありません。例えばきもの染め替えで、一つのきものは全く別の衣装に早変わりすることができるのです。礼装である色留め袖や無地のきものを染め替えれば、年齢が嵩んでも、その時々に相応しい色を身に着けることができます。もちろん染め替えには多少の費用がかかりますが、新しくきものを誂えるよりは、はるかにリーズナブルに仕上げることができます。それに和服はもともと、洋服ほど年齢制限が激しくありません。また時代や流行に左右されないことは、きものに関心のある人なら誰でも知っていることです。両親や祖父母から受け継いだ和服を、引き継いでいくことは、家族の絆を強め、またきものの伝統を大切に守り育てる行為そのものなのです。

    レンタル着物も随分と一般的になりましたが、やはり日本女性として生まれたからには自分の着物を一枚持っていたいものです。それに一枚持っていれば、例え色があせても染め直しできるので、長く着れて子供の代まで引き継ぐことだってできます。最近では、インターネットを使ってきもの染め職人さんに直接発注できます。例えば、こちらの着物染め職人さんなどのサイトなどはとても親切に染め替えについて解説してくれているので参考になると思います。
    きもの染めの島津屋:http://www.shimazuya.com/

    ダイヤモンドの魅力

    470836985ダイヤモンドアクセサリーは女性にとって永遠の憧れのジュエリーと言っても過言ではありません。
    ダイヤモンドの魅力は何といっても輝きです。カット、クラリティー、カラット、カラーの4Cにてダイヤモンドの等級は決められていきます。実は同じものでもカットの仕方で随分と違った表情になります。そして透明感を表すクラリティですが、内包物やキズなどがなければ無い程にグレードが高くなり、見た目にも純度がかなり異なって見えます。
    また色味も微妙ではありますが全てにおいて違った色で輝いており、黄色がかったものから無色透明のものまで広範囲に渡って流通しています。その中でも無色透明のものが最も良いとされています。

    このように4Cで表されたグレードのより高いものを女性は買い求めますが、等級が高くなるにつれてやはり金額も高くなります。よってより良いダイヤモンドを身につけることは一種のステータスでもあるのです。

    二つ目に魅力的な理由は長くつけることができ、飽きることがないという点です。
    有名ブランドが様々な形のアクセサリーを発表するたびに多くの人が買いますが、流行が過ぎ去ると身につけることが恥ずかしいとすら思うものもあります。またシルバーアクセサリーは磨かなければいけませんし、皮のチャームなどは劣化します。
    ダイヤモンドは年を重ねてもずっといつまでもその輝きをつけていられるのがいいですね。

    グレードによってはとってもお手軽なんです。安くていいダイヤアクセサリーが欲しいと思ったら、お勧めなのがエメットジュエリーのダイヤモンドアクセサリー。

    アパレル業界体験談「大きな達成感!」

    480332333アパレル業界は、一見華やかで普段服装に気を付けている人ならば一度は憧れを抱いた事のある職業ではないでしょうか。
    そんな業界の良かった事をご紹介しましょう。仕事に関しては、基本的には販売がメインになってきます。

    販売をするにあたってやはり重要なのはお声がけです。服を買う際に可愛いけれどどう着たらいいのかわからない、今年の流行は…など洋服に関する様々な知識を持っている事も販売促進に繋がりますので重要と言えるでしょう。
    そうしてお客様のニーズにあわせる事も大事な要因と言えますが、普段の何気ない会話を挟むのも手です。
    例えば、初めてのお客様には今日はどちらからいらしたんですか?いつも来ているお客様には今日はお買い物ですか?など、なにげない雑談からお客様の探している物を探り当てるのもプロの技です。そうしてお客様の笑顔を見、ニーズに答える事で自らもお手伝いが出来たと感じることで売上にも繋がるので達成感は大きなものです。

    そして次に働く上で得したなと従業員が思うことと言えば社内販売です。
    アパレル業界では一定のブランドイメージのために自分でも着てお客様の前に立つ、更には着心地や着方の実践の宣伝効果が何よりも大きいので社内販売をする会社が多いです。買う時は通常のお値段よりも安く購入する事ができますので洋服好きには節約ができてしまいますし、売上にも繋がると言うメリットづくしと言えるでしょう。

    販売員もやりがいはありますが、服や、店舗のディスプレイづくりが好きなので今後はデザインを勉強しようと思っています。デザイナーという職業は、日常生活で生じる問題(使いずらいなど)をデザインすることで解決する職業です。一見すると絵やデザインが好きならなんでもいいというように思われがちですが、広告でもなんでも人々の生活に直結する素晴らしい仕事なのです。

    デザイナーを目指すには、専門学校と大学で学ぶ二通りの方法があります。個人的には専門学校で2年学び、早くから現場に出ることをお勧めします。日本デザイン学校は就職支援に非常に力を入れているデザイン専門学校ですので、こういう専門学校に進むのが近道になるようです。これからもずっとアパレル業界で働いていけるようにがんばっていきたいです!




↑ページトップへ戻る